2種類のカードローン

カードローンには2種類の法律が関連しています。この為、管理される法律の違いからカードローンも2種類あるのです。まずは消費者金融やクレジットカードのキャッシングが管理されている貸金業法です。こちらの法律では総量規制と言う融資限度額の規制条項があり、この法律で管理される業者全体でこれを守る必要があります。年収300万円の人には100万円までの融資限度額設定されており、仮に1社と80万円の契約をしていると他社は残りの20万円までしか契約出来なくなります。
一人の人間に対して総額を制限しているので、総額以上の融資を出来ない事になるのです。これは契約した融資上限金額ですので、実際の債務残高とは関係しません。もう一つは銀行のカードローンです。銀行は銀行法という法律で管理されており、貸金業法とは関連しない金融機関です。

この為、銀行のカードローンには総量規制が及びませんので、消費者金融が幾ら融資していても契約する事が可能となるのです。ただし、銀行は一般的に審査が厳しくなりますので誰もが契約出来ると言う訳ではありません。総量規制は貸金業法の管轄下にある業者の融資を規制していますので、目的ローンや住宅ローン、割賦販売法で管理されるクレジットカードの債務は対象外となります。しかし、銀行は全ての債務を調べる事が多く、こういった債務があるとカードローンの契約は難しい場合があると思います。

消費者金融は逆に余り気にせずに契約してくれるところが多いようです。

限度額設定型の高金利借入

カードローンとは契約の際に融資限度額を設定し自由に返済や借入が出来る高金利な融資システムです。一度契約をすれば、発行されるカードで自由にお金の出し入れが出来ますので、自分の預金口座を下ろすような簡単さで借入が出来てしまいます。毎月の返済は債務残高に応じて最低返済額が設定されており、それを支払えば永遠に利用する事が出来ます。ただし、借入が自由に出来ますので返済直後に返済した元本を借り入れることが可能で、この場合は利息のみの支払いとなります。とても便利で自由度の高い借入なのですが、逆に安易に利用してしまう人が多く、過去には多重債務問題という社会問題を引き起こしました。当時のカードローンには制限が今より少なく消費者金融各社は競いあうように融資をしていましたので、利用者が支払い能力を超えて債務を増やしてしまう例が後を絶ちませんでした。

こうした背景から融資額に制限を設ける法律改正が行われ、一人の利用者に消費者金融業界全体で融資出来る上限を設けています。この制度を総量規制と言い、利用者の年収の3分の1までが消費者金融全体で融資出来る限度額となっています。これにより一定の効果が見られたのですが、新たな借入を出来なくなる人増えて違法な融資に手を出す人が増えてしまいました。法改正から時間が経ち現在では落ち着きを取り戻しつつありますが、総量規制によって売上を制限されてしまった消費者金融は契約者の獲得に力を入れているのが現状です。