海外のカードローンの状況

海外でのカードローンを幾つかご紹介します。まずは韓国のカードローンです。韓国のカードローンはほぼ日本と同様のシステムですが、金利が49%とかなり高額です。日本より金利が優れているので日系消費者金融が進出をしており、日系企業がシェアの半分を占めていると言われています。アメリカにはカードローンはありませんが、無担保で庶民が借りる手段としてペイデイローンがあります。これは小額な融資を専門として短期の融資を行うシステムです。アメリカは州によって法律が違いますので違法となる場合もあるのですが、景気悪化から最近ではかなり業績を伸ばしているようです。

アメリカでは給料が2週間毎に支払われるので、最長でも2種間の融資となっており融資額は200から300ドルと小額なのも特徴です。

脱法行為として利用不可能な商品券を購入させて実質年利が数百%になるペイデイローンもあるようです。イギリスでは古くから庶民の為の消費者金融があり利用されてきました、合法的に数百%の金利で営業されておりかなりの高金利な融資システムです。政府が規制を検討しましたが国民の強い反発にあい、現在でも合法的に営業をしているようです。

海外のカードローンやそれに類するような消費者金融は、概ね日本より高い金利を適用して営業しています。これには回収不能になる例が日本よりはるかに多い事も原因となっているようです。日本の金利で海外での営業は直ぐに破綻してしまうのかもしれません。