2種類のカードローン

カードローンには2種類の法律が関連しています。この為、管理される法律の違いからカードローンも2種類あるのです。まずは消費者金融やクレジットカードのキャッシングが管理されている貸金業法です。こちらの法律では総量規制と言う融資限度額の規制条項があり、この法律で管理される業者全体でこれを守る必要があります。年収300万円の人には100万円までの融資限度額設定されており、仮に1社と80万円の契約をしていると他社は残りの20万円までしか契約出来なくなります。
一人の人間に対して総額を制限しているので、総額以上の融資を出来ない事になるのです。これは契約した融資上限金額ですので、実際の債務残高とは関係しません。もう一つは銀行のカードローンです。銀行は銀行法という法律で管理されており、貸金業法とは関連しない金融機関です。

この為、銀行のカードローンには総量規制が及びませんので、消費者金融が幾ら融資していても契約する事が可能となるのです。ただし、銀行は一般的に審査が厳しくなりますので誰もが契約出来ると言う訳ではありません。総量規制は貸金業法の管轄下にある業者の融資を規制していますので、目的ローンや住宅ローン、割賦販売法で管理されるクレジットカードの債務は対象外となります。しかし、銀行は全ての債務を調べる事が多く、こういった債務があるとカードローンの契約は難しい場合があると思います。

消費者金融は逆に余り気にせずに契約してくれるところが多いようです。